読書感想文-又吉直樹「劇場」

「明日、新潮を買おう」 そう決意して、発売日前日まで楽しみにしていたのに 前日の取材疲れと娘の卒業式でバタバタしていて 当日はすっかり忘れてしまい、発売日翌日になって 慌てて書店巡りをして、某ヴィレバンに1冊だけポツンと置いてあるのを 見つけたときには、ジーザスと呟きそうな心地でした。