読書感想文-又吉直樹「劇場」

f:id:hanaykr:20170327035608j:plain

 

「明日、新潮を買おう」

そう決意して、発売日前日まで楽しみにしていたのに

前日の取材疲れと娘の卒業式でバタバタしていて

当日はすっかり忘れてしまい、発売日翌日になって

慌てて書店巡りをして、某ヴィレバンに1冊だけポツンと置いてあるのを

見つけたときには、ジーザスと呟きそうな心地でした。

 
 すぐに読まなかった「火花」

以前から又吉さんは個人的に好きだったんですが、

「火花」が出版されたときはすぐに読まなかったんです。

何となくいつでも読めるかなと思い、

前評判も聞いていたので、絶対面白いだろうという確信はあったので

焦らしていたというか温めていたというか。

そうしたら今年に入って、又吉さんの次作「劇場」が近く発表される、と聞いたので

慌てて「火花」をですね。

スターウォーズの新作を観る為に前のシリーズを観る的な、

前のシリーズが面白かったら新作も観ようか的な感覚で買い求め

短編だったこともあり、一気に読めました。

 

「劇場」が恋愛小説なら、読むしかないだろう

「火花」を読んだ方ならわかっていただけると思うのですが、

次作「劇場」が恋愛小説だと聞いて、

これは絶対読むしかないだろうと思ったんですよね。

ネタバレはしたくないので抽象的な事しか言えないんですけど、

「火花」はストイックで緻密で繊細で、

触れたら本当に火花が散りそうなイメージだったので

(あの雰囲気で恋愛小説だったら、どんな世界になるんだろう)

という期待感で、買いたての新潮の表紙を眺めては丸い小鼻を膨らませていました。

 

忙しくて読めない「劇場」

せっかく発売日の翌日には手に入れていたのに、2月後半辺りから

それまでの暇さが嘘のように、ずっと切れ目なくお仕事の依頼が続いていて

それはありがたいことなんですけど、3月は特に忙しくて

なかなか読む暇がなく、仕事用の大きな鞄に新潮を突っ込んだまま

2週間くらいそのままにしていたら、いつの間にか忘れてしまってて。

 

読みだしたらあっという間だった

少し話が逸れますが、最近デーツにハマって

近所に業務スーパーがあるんですけど、

そこで乾燥デーツが格安で売っているのを見つけたので

嬉々として買いだめしてガンガン噛んでいたら

ブリッジが外れてしまいまして。

焦って歯医者の予約をして、出かけるのにバッグを変えようと

仕事用の鞄を開いたら

はい出てきました新潮。

そうやこれ読まなあかん。

ちょうどいいので、歯医者へ行くまでの電車の中で

院内の待合室で

帰りの電車で

帰ってきてベッドに寝転んで

その日一日で、あっという間に読み切りました。

 

とにかく沙紀ちゃんがかわいい

劇場の登場人物は主人公の永田も含めて、ほとんど皆尖っていて

個人的にはあんまり友達になりたくないな、

でも、もし自分にだけ心を開いてくれるなら

仲良くなってもいいかな、と思わせる人が多いのですが、

その中にあって、まるで自己主張しないカスミソウのように

若しくは寂れた砂浜の中の貝殻のように、

陳腐な例えだけど、それくらい全力で人を威圧しない

清涼な輝きを放っている沙紀ちゃんが本当にかわいくて。

たぶん又吉さんもこの子を書きたかったんだろうと思うんですが

ちょっと現実にはいないくらい良い子で。

沙紀ちゃんに会うだけでも「劇場」を読む価値がある、と

私は思っています。

 

大人でもピュアに泣ける小説

ピュアに泣ける恋愛小説って、ラノベ的なものが多くて

大人になるとちょっと恥ずかしいというか、感情移入する前に

「ああ、若いなぁ」という思いが出てきて邪魔したりして、

かといって濃厚な恋愛描写たっぷりの、大人のねっとり感出まくりの小説も

ちょっと重たいな、と感じたりするんですけど

「劇場」はそういう恥ずかしさや重たさを感じることなく、

潔くピュアに泣ける話だと思いました。

2人がああなるまでには、もっと違う道を選べる瞬間が

いくつもあったはずなのに、

不器用で不完全で純粋で中途半端で優しくて、

それが大人になっても思い当たることばかりで

いちいち泣けてしまいます。

 

映像化が待たれる作品

原付に乗った永田が何度も沙紀ちゃんを無視するところや、

メンバーに文豪の名前を付けたチームでサッカーゲームに興じるシーン

そしてラストまで、脳裏に鮮やかに浮かぶ場面が多いので

「劇場」もきっと映像化されるんだろうなと思います。

沙紀ちゃん役は誰だろう、本田翼ちゃんとか。

永田役はサカケンだったら男前過ぎか。

病んでる役の上手な染谷将太くんとかもよさそう。

 

きっと次作も出るし、きっと買う

1つ惜しいとすれば、心に残る本に出会った時には

文中にあるたった1行が琴線に触れ

しばらくそれ以上読み進められなくなる、

みたいなことが必ずあるんですが、今回それはなかったです。

なかったけど、これだけ書ききれる又吉さんは充分立派な作家さんだし

きっと次作も出されることでしょう。

そして私はたぶん次作も小鼻を膨らませながら買うでしょう。

 

私の本棚に、同じ著者が書いた複数の本が並ぶコーナーがあります。

山田詠美村上龍・森瑤子・中島らも西原理恵子の後に

新しく又吉直樹を追加しようと思っています。