おでんの玉子

また寒くなってきたなと心の中でつぶやきながら、

駅から自宅まで10分ほどの距離を歩く。

ビルの間に挟まれたわずかな道のりには冷たい夜風が待ち構えていて
まるで手練れのキャッチセールスのようにまとわりつき、
隙をついて人の懐へ入り込んではほのかな温もりを奪おうとする。

電車の中でたまたま乗り合わせただけの一期一会にどれほどの意味があるか知らないが、
見ず知らずの人々に囲まれて暖かかったひとときが懐かしくなるくらいに、今日の風は容赦がない。

 

ダウンジャケットの内側にあるわずかな体温まで見つかったらおしまいだ。
そんな風に思いながらも急ぐ気になれず、

冷えて割れそうになりながらいつもの調子で歩いていると
横断歩道の先にあるコンビニの灯りが見えているのに、

なかなか近づかなくてやたらとムラムラする。

コンビニの自動ドアをくぐると、
レジ前にあるおでん鍋が親しみやすい香りと共にたっぷりの湯気をたたえていた。
おもむろにおたまを掴み、おでん鍋からつゆを掬って直接飲みたいという衝動を抑えつつ、
ゆっくりと側にある小さめのカップを手に取る。
このカップを手に取ったら最後、必ずおでんを買わなければならないと覚悟を決める。

そしてこんな時に選ぶ具材は、いつも大体決まっている。
大根に白滝と牛すじ串を1本、少し迷ってもう1本。

全ての具材が軽く浸るくらいまでカップを熱いつゆで満たし、
小さなからしの袋を2つ取ってレジへ移動しようとしたとき、
さっきから微かに聞こえていた心の声が俄かに大きくなった。

(あれを選ばないの?)

そうだ。結局選ばなかった。
「結局」なんて言いながら、自分の中で選ぶ可能性が低いこともわかっていた。
ずっと見ていて、おいしい事も知っていて、今までに何度となく食べたこともある。
こうしてカップをつゆで満たした今だって気になっているのに、
それでも玉子を選ぶ事ができない。
からしをつけてもいいし、つけなくてもいい。

丸い形のまま頬張ってもいいし、注意深く半分に割り

しっかりと固まった黄身の部分が溶け込んだつゆを飲んでもいい。

彼女との楽しかった思い出なら、白滝で舌をやけどした経験よりもずっと多い。

数あるおでんの具の中で決して嫌いなわけではなく、

むしろ好きな方であるにも関わらず、彼女を選ぶのには覚悟がいる。

玉子を選んでしまったら、牛すじを2本も食べる悪だくみや

帰って更に夕食をつまむといった気軽な選択肢をすべて諦めなければならない。

欲望に駆られて衝動的に立ち寄った19時前のコンビニで選ぶおでんの具材として、
彼女の存在は重いのだ。

会計を済ませて店を出ると、せっかく暖まった指先が早速冷え始める。

玉子は傷ついているだろうか。
そうであるなら、彼女はきっと知らない。

最後まで迷ったことも悩んだことも、
今だって変わらず好きでいることも。

ふと夜空を見上げると、白い息の間からのぞく満月が
まるで湯気をまとった玉子のように、優しげな光を放って静かに揺れていた。

 

※割と実話です。

玉子は「たまこ」と呼んであげてください。

 

f:id:hanaykr:20171210232901j:plain